映画業界人が選んだ「歴代で一番好きな映画」

トップ10

順位 作品名、年、動画 内容・解説
1 ゴッドファーザー

(1972年)

 予告編(Amazon)→
【 監督 】 フランシス・フォード・コッポラ
【 出演 】 マーロン・ブランド, アル・パチーノ

【アカデミー賞】
受賞:作品賞、主演男優賞、脚色賞
ノミネート:監督賞、助演男優賞(3人)、作曲賞、編集賞、録音賞、衣装デザイン賞、有望若手男優賞

マフィアの世界の「悪」に「家族愛」を重ね合わせた愛憎劇。

米国の裏世界を一世紀以上にわたって描いた。パート1(72年)、パート2(74年)はアカデミー賞最優秀作品賞など多数を受賞。パート3(90年)で完結。アル・パチーノ、ロバート・デニーロ、アンディ・ガルシアなど、多くの俳優を世界の舞台に押し上げた。

マフィア一家3代の営々たる歴史をフランシス・コッポラ監督が描いた大作。PART3まで作られた。第1作は、ドン・コルレオーネ(マーロン・ブランド)の三男マイケル(アル・パチーノ)が、敵に襲撃された父親の負傷をきっかけに後を継ぐまで。 ニーノ・ロータの甘美なテーマ曲も有名。

濃密な人間ドラマである。オーケストラのように人間たちがうごめき、輻輳(ふくそう)し、ぶつかりあって一つの音楽を織りなす。 米暗黒街を支配するシチリア島出身のマフィアの首領(ドン)たち。その一人、ビト・コルネオーネ(マーロン・ブランド)は持ち前の豪胆さと知力で一家を成し、“ゴッドファーザー”の座について権力の絶頂をきわめる。

しかし、麻薬密売をめぐって他のマフィア・グループと血みどろの抗争に巻き込まれ、自身も銃撃を受けて重傷を負う。大学卒のインテリである三男マイケル(アル・パチーノ)は父のかたきを討ち、やがて二代目として成長していく。

印象的なのは、ドン・コルレオーネ(マーロン・ブランド)が幼い孫と遊びながら、炎天下の畑で静かに息を引き取るシーン。時は流れる。一つの命が滅び、新しい命が輝き始める。切なくも、素晴らしい場面だ。

原作は、マリオ・プーゾーの小説。2000万部を超える大ベストセラーとなった。

もともと期待された作品ではなかった。配給元であるパラマウント映画は、その前年に製作したカーク・ダグラス主演のマフィア映画の大失敗にうんざりしていた。『ゴッドファーザー』がいくら大ベストセラーの映画化とはいえ、製作費は百万ドルそこそこに抑えたかった。

そんな低コスト映画では大物監督はだれも引き受けない。『俺たちに明日はない』を監督したニューシネマの旗手、アーサー・ペンにも断られた。思案の末にパラマウント映画が白羽の矢を立てたのが、当時三十三歳のイタリア系若手監督だった。

コッポラはそれまで、三作ほどの映画を手がけていたが、どれ一つとしてヒットしていなかった。低コスト映画という条件には好都合である。当時のパラマウント映画の最高幹部、ロバート・エバンスは初めてコッポラに会ったとき、思わず口走ったそうだ。

「スパゲティのにおいがするみたいだ」。ずいぶんとぶしつけな言葉のようにも響くが、エバンスはイタリア的感覚がほとばしるコッポラなら、うまくいくんじゃないかと思ったのである。事実、コッポラの個性こそ、パラマウント映画に大きな利益をもたらす『ゴッドファーザー』の原動力となった。

暴力、惨殺シーンが批判を浴びた。その後の暴力映画に比べれば、おとなしいものだが、当時は大きな衝撃だった。製作段階からアメリカ社会で拒絶反応を引き起こした。イタリア系市民団体がパラマウント映画に対しボイコット運動を宣言し、当時のニューヨーク州知事マリオ・クオモはマフィア賛美の映画として「私の子供には見させない」と表明している。

ところが、こうした反応をよそに、『ゴッドファーザー』が封切られると、映画館に押し寄せる人々が徐々に増えていった。当時の入場客の分析調査は、とくにイタリア系アメリカ人を含むエスニック・グループ(少数民族集団)が殺到したことを示している。

コッポラ監督による三部作の主眼は、現実のマフィアの非情さや、権力闘争そのものにあるわけではない。イタリア系米国人ならではの濃密な家族愛、憎しみの振幅や、後の世代の恋愛、父権、贖罪(しょくざい)意識などを通して、壮大かつ上質な叙情詩に仕上げたのだ。

興行収入で記録的なヒット作となった。アカデミー賞の作品賞を受賞し、「もはや過去のスター」と悪口を言われていたマーロン・ブランドは主演男優賞に選ばれている。コッポラ個人も、監督賞こそ逸したが、脚本(脚色)賞を獲得した。

本物のイタリア系アメリカ人であるコッポラがこの映画のメガホンをとると分かったとき、有名、無名のイタリア系アメリカ人俳優が『私を使ってくれ』といって続々と志願してきたという。

出演者リストをみると、シチリア島からの移民の子であるアル・パチーノを筆頭にイタリア系アメリカ人がずらりと並んでいる。実はロバート・デ・ニーロはビト・コルレオーネ役を熱望したが、果たせなかった。彼は次の『ゴッドファーザー パート2』(1974年)で若いころのビトを演じ、アカデミー助演男優賞を獲得して宿願を果たしたほどだ。(中津孝吉/naoyakiyohar5)
オズの魔法使

(1939年)

 予告編(Amazon)→
【監督】ビクター・フレミング
【出演】ジュディ・ガーランド、レイ・ボルジャー

【アカデミー賞】
受賞:作曲賞、歌曲賞
ノミネート:作品賞、美術監督賞、撮影賞、特殊効果賞

市民ケーン

(1941年)

 予告編(Amazon)→
【監督】オーソン・ウェルズ
【出演】オーソン・ウェルズ

【アカデミー賞】
受賞:脚本賞
ノミネート:作品賞、監督賞、主演男優賞、ドラマ音楽賞、録音賞、美術監督賞、撮影賞、編集賞

オーソン・ウェルズが25歳で初めて監督した商業映画。主演も自ら務めた。 1941年製作ながら、日本公開は1966年。 脚本、映像、演出など、さまざまな面から絶賛されている。 映画史上、最高傑作の一本と評価されている。

アメリカの新聞王、チャールズ・フォスター・ケーン(ウェルズ)の波乱に満ちた人生を生々しく伝える。  数多くの新聞社を所有し、政界への進出も企図したケーンだったが、スキャンダルを暴かれ挫折。死亡したときは、2度目の妻にも去られ、巨大な城のような建物で孤独に暮らしていた。

さまざまな顔を持つケーンとは、本当はどんな人間だったのか? 社命を受けた新聞記者トンプソン(ウィリアム・アランド)は取材を開始する。手がかりは、ケーンが死の直前に残した謎の言葉「rosebud」(バラのつぼみ)だった。  いくつもの劇的な出会いや別れが描かれる。莫大(ばくだい)な富を手にしても、心の底には幼いころ両親と別れた喪失感があり、独特の愛情表現は他人に理解されない。そんな主人公の悲しみが胸を打つ。

モデルとした実在の新聞王がおり、その系列メディアの攻撃を受けたことや、ウェルズ自身のその後の人生が、ケーンと同じように、すべてを得ながらそれを失っていくようにも見えることなど、映画の伝説を彩るエピソードも多い。

キネマ旬報ベスト・テン(1966年度)外国映画2位。長さ2時間。モノクロ。
ショーシャンクの空に

(1994年)

 予告編(Amazon)→
【監督】フランク・ダラボン
【出演】ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン

【アカデミー賞】
受賞:なし
ノミネート:作品賞、主演男優賞、脚色賞、作曲賞、録音賞、撮影賞、編集賞

パルプ・フィクション

(1994年)

 予告編(Amazon)→
【監督】クエンティン・タランティーノ
【出演】ブルース・ウィリス、ジョン・トラボルタ

【アカデミー賞】
受賞:脚本賞
ノミネート:作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞、助演女優賞、編集賞